MENU

将来設計を立てる

女の人

家計を分析する重要性

30代は様々な人生設計を行う時期になります。結婚のタイミングもありますし、何人子供を作るのか、住宅は一戸建てにするのかマンションにするのか賃貸にするのか、30代に決めたことが将来を大きく左右することになります。そのため、将来設計を考える上で、家計診断を行うことが重要です。若いころからのそのままの流れで家計を回していると、将来設計を行うことができません。30代の家計診断の中でも、重要なポイントが保険の見直しと貯蓄額です。一般的に子供が小さい30代のころには、それほど支出がありません。もっともお金を貯めることができる時期と言えます。その一方で、保険の必要性は高まります。独身時代や夫婦二人だけの生活であれば、万が一のことがあっても影響は大きくありませんが、子供ができて住宅を持ってしまうと、保険に入っていることが重要になります。家計診断は素人には困難です。特に、保険の種類は多岐にわたりますし、必要になる保険金も人によって大きく異なってきます。そのため、独学で家計診断を行おうと思っても、参考にできるものがありません。ファイナンシャルプランナーと呼ばれる資格がありますので、30代のうちにしっかりと専門家に家計診断してもらうことが大切です。家計診断をすることによって、自分たちの家計でどのような将来設計を作ることができるのかが明確になります。家計のことがわかれば、それだけ、豊かな将来設計を立てることが可能になります。

Copyright© 2017 節税対策をするなら保険への加入がオススメ【一度プロに相談すべし】 All Rights Reserved.