MENU

申告漏れに注意

説明

所得控除に使えます

生命保険は所得控除の対象となるので節税対策として使えます。万が一のケースに備える生命保険で税金対策もできるわけです。一年間に払った生命保険などの保険料はその一定額を所得から控除することができます。家族の安心と税金をやすくすることが同時に実現できます。所得控除は節税対策の基本となるもので、一年間の収入のうち一定額が課税対象とならないものです。所得控除には基礎控除と呼ばれる所得がある人すべてが対象となるもの、現在一律で38万円を課税対象から控除できます。その他にも配偶者控除や扶養控除などの所得控除があり、一定の条件のもとに課税対象となる所得から控除することができます。節税対策はこの各種控除をうまく使うことから始まります。生命保険料控除と呼ばれるものは1年間に支払った保険料に対して一定額の控除があります。節税対策としても有効な方法です。保険料は毎年支払うことになるので、控除は大変ありがたい制度といえます。生命保険料控除の他にも医療費や寄付金控除なども忘れずに申告しておく必要があります。寄付金控除はふるさと納税も対象となるので、確定申告のときに忘れないようにします。確定申告は会社員の方も忘れずにしておいたほうがオトクなケースが多く、年末調整のみだと控除の申告漏れがあることがあります。確定申告はe-Taxが便利です。所定のフォーマットに合わせて必要事項を入力するだけなので、初めての方でもかんたんです。わからないことがあれば電話で質問できる窓口が解説されているので、詳しく丁寧に教えてくれます。

Copyright© 2017 節税対策をするなら保険への加入がオススメ【一度プロに相談すべし】 All Rights Reserved.