女性

適正な保険料になっている

交通事故を起こしてしまうと、誰でも慌ててしまいますが、まずは落ち着いて専門業者のスタッフに連絡をすることが大事です。口コミで人気の自動車保険は、補償内容が充実しており、保険料も適正になっています。ゴールド免許の場合は保険料が安くなります。

女の人

将来設計を立てる

30代は将来設計を立てる上で重要な時期になります。将来設計を立てるためには、家計をしっかりと分析することが重要です。ファイナンシャルプランナーのような専門家による家計診断を受けることで、より良い将来設計を立てることができます。

MENU

説明

申告漏れに注意

生命保険料も社会保険料や医療費同様に所得控除の対象となります。節税対策の基本となる所得控除を上手に活用すれば、正しく節税することができます。会社員の方も年末調整だけでなく、確定申告をすることで更に節税できるケースもあります。

おもちゃの車

自動車を運転する際の保険

自動車保険を選ぶ場合には、保険会社の情報を集めることが大切です。どの程度の保険料で、どの程度の補償内容なのかは大切な情報です。また、実際に利用した人の口コミもチェックしておけば、その保険会社を知る上で役に立ちます。

男女

無料で相談もできる

家計診断を受けるのは30代から40代の家庭が多めです。自分ですることもできますが、ファイナンシャルプランナーなどのプロに頼むことも多いです。費用は無料なことも多く比較的ハードルは低めです。ライフプランをはっきりさせ、家計簿をつけておくと相談や提案がしやすくなります。

税金対策に使える

女の人

控除について把握しよう

最近の経営者に利用されている節税対策として生命保険を活用したものがあります。節税対策を考えているということであれば、生命保険は最適なアイテムとなっています。生命保険は保険料の全額を損金として費用計上することが出来ます。損金として計上することでかなりの節税対策になります。さらに、保険の場合は期末スレスレに加入しても計上することが可能であるということも節税対策としての魅力があります。大きな保険料を今期中に支払ってしまうことで、今期の利益分を大幅に圧縮することが出来ます。経営戦略の中に生命保険を導入していくことで、税制面でのメリットをとても大きなものにしていくことが出来ます。税理士などで作っているコンサルティングサービスでは、こうした生命保険による節税を指導しているところなどもたくさんあります。節税をきちんとすることで、とても大きなメリットがあります。会社に対して内部留保を増やしていくことが出来るということから、節税を様々な方法で行っておくことは会社の経営を安定させていくことになります。自動車や不動産を購入してもキャッシュアウトをするだけで真の意味で節税ということにならないので、こうした保険を利用して節税していくという方法は注目されています。国がきちんと認めている控除方法ということもあり、安心して利用することが出来ます。プロの税理士が推奨していることもあり、その節税効果はとても高いものとなっています。

Copyright© 2017 節税対策をするなら保険への加入がオススメ【一度プロに相談すべし】 All Rights Reserved.